【群発性頭痛】頭が割れそうに痛い、恐ろしい症状とは

僕は群発性頭痛と片頭痛両方の持病を持ち、大体の日は頭痛で苦しんでいます。

厄介なのが、あんまり他人に理解されないこと。この苦しみは生活保護を受けていいレベル。

まず、群発性の頭痛は、出産時よりも痛いらしく、僕自身、立つことすらできなくなるほど痛くて苦しいです。

いたいを通り越して、どこか別の次元の、ここにいてはいけない空間にいるような感覚です。自分の中心となる脳が直接痛いのだから、逃げようがありません。

しかも、病院に行っても、治すことができない不治の病。結局お薬を渡され帰されます。

海外ではこの病気を発症した人はあまりの苦しみのあまり、銃で頭を撃ち抜く事件が発生するようです。

日本では銃がないので、自殺する方はあまりいませんが、目をくりぬいたという話は聞いたことがあります。

この頭痛は主に目の奥の神経が痛くなり、ちょっとした光でも激痛が走るレベルです。

この頭痛を発症した際はとにかく部屋を涼しくし、真っ暗にして静かな環境にしましょう。

とにかく眠ることである程度回復します。頭痛薬も飲んどきましょう。

 

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。