マリフアニヤというマリファナの代用として使われる危険な植物がそこら中に生えてるらしい・・・

合法ハーブから危険ドラッグへ改名したなんか怪しい葉っぱたち。

 

なんとこの日本では、知識さあれば、特別な道具を使わなくともそういった危険ドラッグを作れてしまう雑草がゴロゴロ生えている!

 

マリフアニアとは、別名「メハジキ」とよばれ、昭和の子供たちが瞼に挟んで飛ばしていたという雑草の一種。

小さなマリファナと呼ばれることもある。

 

ミツバチに蜜を吸わせてハチミツを作る材料にもなっているとか。

 

 

マリフアニヤの効能

 

・リウマチ、関節症の緩和
・リラックス効果
・素早く拍手しても、かなりゆっくりになってしまうほどのスロー効果

 

など、恐ろしい効果をもたらす!運転中にうっかり飲んでしまったりしたらもう大変!カーブ曲がるのもコースアウト間違いなし!

 

でも、どんな薬物でも、医薬品として取り扱われるため、普通の薬などで使われている分には安全なはず。

 

薬用養命酒にもこのメハジキが配合されているらしい(昔、養命酒をがぶ飲みしていた時期があったw)

 

また別名「益母草」とも呼ばれます。(ヤクモソウ)

 

いくら合法だからといってポケモンGOするふりしながらいけない植物を探してビニールにつめて持って帰らないように!

 

ちなみに養命酒をたくさん飲んだとしても、元気になったりしないよ。

 

むしろ体がほてって熱くなってだるくなるよ。冷え性には効果抜群なことは分かったけどね。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。