風邪薬は麻薬の原料でできてるって知ってた?

風邪薬は飲まないほうがいい?

絶賛風邪中なのですが、僕はつい薬に頼って風邪の苦しみを和らげようとしてしまいます。

 

風邪薬っていうのは、風邪を治すものではなく、熱や鼻水、関節痛などの慢性的な痛みの解消をするだけで、言ってしまえば、風邪に対する体の防衛機能を阻害して、痛みなどを無理やり消しているだけです。

それと同時に、薬物による快楽物質で、風邪の苦しみを相殺させています。

 

シロップODとか、金パブ中毒とかネットやニュースで見たことがありませんか?

そう、風邪薬シロップなどの風邪薬には、悪い意味で有名な「モルヒネ」や「覚せい剤」の原料を少し加工して別のものにしている成分が主流に含まれています。

これが正真正銘の「合法ドラッグ」ですね。

 

以下に麻薬物質の成分を上げます

風邪薬の主成分

・メチルエフェドリン

・ジヒドロコデインリン酸塩

・デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物

 

メチルエフェドリンは覚せい剤を生成する際の原料(エフェドリン)からできている成分です。効果としては、気管を広げて呼吸を楽にすると書いていますが、むしろそれが副作用で、主な作用は、脳の覚醒により、痛みを忘れさせることです。エフェドリンをメチル化することで、覚せい剤への還元をやりにくくするのが目的で、メチル化しています。メチル化することで、本来の効き目が減少し、肝臓への負担も大きくなるそうです。

 

ジヒドロコデインリン酸塩は、モルヒネを生成する際のケシという植物から生成されます。一番恐ろしい薬物といわれるデソモルヒネ(クロコダイル)を作ることができてしまいます。

効果は、咳中枢に働きかけ、咳を止めますとありますが、麻酔のようなものです。そして、これが風邪薬を飲むと眠くなるといわれる成分で、飲むなら、夜寝る前に飲むといいでしょう。

 

デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物は合成麻薬のようなもので、大量に飲むと幻覚を見ることがあるそうです。鎮痛効果もあり、離脱症状もあるので、中毒を引き起こすかもしれません。こちらも眠くなる成分です。

 

このように、体や精神を弱らせてしまうものが主成分となっており、風邪を治すものでは全くありません。子供のころから風邪薬を飲んで風邪を治すようにしていると、一生、風邪薬を飲んで風邪を治す羽目になります。今まで、風邪薬を飲んで風邪を治しているのに、大人になって急に風邪薬を飲まずに風邪を治そうとすると、精神や免疫がついていけずに肺炎になったり、下手すると死んでしまう可能性もあるかもしれません。

 

もし、お子様が軽い風邪の場合で、寝てれば平気そうだったら、なるべく風邪薬は飲ませないほうがいいでしょう。でも、症状がひどい場合は無理して我慢させないほうがいいと思います。薬がない時代は、風邪で子供が亡くなることもあったので、もしかしたら、あなたも、風邪薬に命を救われていたかもしれません。

 

風邪でも仕事に行く必要がある時

とは言いつつ、この日本で風邪を引いたぐらいで会社を休めない方は多いと思います、その時は、メチルエフェドリンが入った風邪薬を朝、昼に飲み、夜にジヒドロコデインリン酸塩が入った風邪薬を飲んでぐっすり寝ましょう。間違って寝る前にメチルエフェドリンが入った薬を飲むと、眠れなくなります。逆に昼にジヒドロコデインリン酸塩を飲むと、昼間眠くなり、夜眠れなくなります。

最近は、どちらも入ってる薬がありますが、それは休日とかに飲むといいかもしれません。

 

咳がひどくて眠れない時

もし、咳がひどくで眠れない場合は、デキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物(コンタックST)が入った風邪薬を飲むと、咳は止まるでしょう。相当咳がひどいときは、病院に行って、肺炎じゃないか見てもらったほうがいいですね。

最近の病院は、咳止めに漢方薬を出してくるのですが、全然効きません。(なぜなら薬慣れしてしまってるから、薬とは無縁な、民族なら効くかもw)

メジコンというデキストロメトルファン臭化水素酸塩水和物の塊のような薬があるので、それをもらうように必ず言いましょう。(市販では売られてない)これを飲むと、どんだけ咳がひどくても、ぴたっと止まって、僕は一瞬で眠れます。メジコンは見た目が小さいのですが、効き目は恐ろしいです。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。