自動掃除機能搭載のエアコンは買わないほうがいい

ボタン一つでフィルターの掃除をしてくれる機能が付いたエアコンがあるのですが、正直、気休め程度でしかなく、めちゃくちゃ維持費がかかってくる。

 

 

 

単刀直入に言うと、お手入れが簡単でシンプルなエアコンを買ったほうがいい。

 

 

 

結局、どんなエアコンでも中でカビまみれになり、夏熱いときにエアコンをつけると、カビ胞子が大量に放出され、咳が出まくり、眠れなくなる。

 

寝つきが悪い方も、カビまみれのエアコンをつけて寝ようとするから粘膜が刺激され、イライラして眠れなくなるのじゃないかなぁ

 

夏風邪の原因も、おそらく、春の間にカビの温厚となったエアコンを掃除せずに使ったから菌が散布され、それを大量に吸うことにより風邪をひくのじゃないかな?実際、先週エアコン付けたら、高熱が出た。

 

なぜ、自動掃除機能が付いてるエアコンはだめなのか。

 

それは、カビが生えてるエリアまで分解できないから。

 

僕の部屋にある自動清掃機能搭載のシャープのエアコンを無理やり分解して、掃除して、組み立てなおしたんだけど、ネジが2本余った。

 

複雑すぎて、とても素人では分解できない。

 

そして、壊れやすい機械もいっぱいくっついているから、ちょっと濡らしただけで壊れるらしい。

 

しかも、なんか黒いギザギザの筒みたいなの(風を送るファンという部分)が、奥の奥にあって、どうやって分解して取り出せばいいのかわからなかった。

 

この黒い筒をスポンジ付きの棒で突っついたら、黒いカビが付着して、なんぼやっても黒いカビがどんどん出てくる。

 

取り出して丸洗いしたい、これが風に当たって空中に出て行っている中心部分で、こんな汚い空気を吸ってると思うとぞっとする。もうエアコン付けない。

 

業者に頼んで掃除してもらうにもお金がない。自動清掃機能が付いたエアコンのほうが、ふつうのエアコンよりも、掃除してもらう金額が上がるらしい。(普通のエアコンで2万円程度)

 

 

でも、普通のエアコンは作りが単純だから、簡単に分解できて丸洗いできる。

 

結局、カビ生えるんだったら、お手入れしやすいエアコンを買うのがいい。悪あがきして高い金出して自動清掃機能付きのエアコン買って結局カビ生えて洗えないとか、マジ至れり尽くせりだなw(踏んだり蹴ったりの間違い)ただのお荷物でしかないよね

 

結局、自動清掃機能は何をしてるかというと、外に張り付けるフィルターを軽くブラシしてダストボックスにホコリをためる機能と、カビを抑制するプラズマクラスターというのを放出しているらしい。

(すでに生えてしまったカビに対しては効果はありません)

 

でも、僕のエアコンにその機能が付いているにも関わらず、吹き出し口にびっしりカビがついてた。

 

要するに、効果なしってこと。理論値では効果あると思うけど、常にプラズマクラスターつけてるわけではない一般家庭では、余裕でカビ生えまくる。

 

マジで、エアコン付けるだけで鼻水と淡が止まらない。

 

今まで、これで睡眠時悩まされてたと思うと、めっちゃ腹立つ。勉強しときゃよかった。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。