かなりヤバいと殺人鬼扱いされている「ベーコン」食肉業界からの圧力で隠されていたといわれるが…

亜硝酸ナトリウムという発がん性物質の添加物

 

 

専門家が証明! ベーコンは静かに身体を蝕む“殺人鬼”だった|あなたはそれでも、食べ続けますか?

 

 

記事によると、いかに着色料であるピンク色を出す成分が危険にあるかを促す内容

 

主に「亜硝酸ナトリウム」という添加物が悪さしているそうです。

 

でも、知ってる人は知ってる。

 

「亜硝酸ナトリウム」のおかげで、毒見する人がいなくて済むことを。

 

 

ボツリヌス菌をゼロにする

 

こちらの記事によると、亜硝酸ナトリウムで、一発即死の凶悪な菌「ボツリヌス菌中毒」をゼロにすることができます。

 

亜硝酸ナトリウムがない時代には、ソーセージなどの加工肉で中毒を起こし、突然死をすることが良くありました。

 

むしろ、現在では、法律でボツリヌス菌が発生する可能性のある食品には必ず亜硝酸ナトリウムを添加することを義務付けられています!

 

どっかの馬鹿が「添加物は体に悪いから」という理由で、亜硝酸ナトリウム抜きの加工肉を販売し出したら、一切口にしないことをお勧めします。

 

亜硝酸ナトリウムの致死量は2グラムで、大変危険な物質で、爆弾の材料にも使われることもあるそうですので、一般人には入手不可能です。

 

しかし、ボツリヌス菌は1グラムで、100万人を殺すことができます。

 

大手加工肉メーカーが、この亜硝酸ナトリウムを使わずにベーコンやらソーセージを売り出すと、たちまち中毒者が出て、パニックになること間違いなし。

 

そして、もし、加工肉に亜硝酸ナトリウムの使用することが禁止されたら、日本ハムは倒産するしかないかもしれません。

 

亜硝酸ナトリウムは、加工肉だけではありません。

「イクラ」「タラコ」「梅干し」等にも添加されています。

 

正直、「亜硝酸ナトリウム入りベーコン」なんかより、コーラとか、残業のほうがよっぽど体に悪いです。

 

こんなにありがたい亜硝酸ナトリウムが嫌悪される理由は

・利益が上がるために色をよくしているだけ(菌による変色を抑えているだけ、実際、色の変化は微々たるもの、多く入れても効果なし)

・爆弾の材料を食わされている

・殺人鬼的な発がん物質

というのがあげられます。よく知りもしないで批判するのは良くないですよね。

 

でも、あんまり過剰摂取することはおすすめしません。実際、発がん率は少し上がってしまいます。

 

(変にピンク色なハムとかあるけど、あれは食紅っていって硝酸とかじゃないよ。)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。