【水毒】舌がデカくなって歯形付く→陰陽調和料理を食べると治るだってさw迷信きたーw(まさか過ぎ結果)

 

舌が口の中に納まらない。引っ込めるの疲れる。

調べてみると、水毒になってるらしい。

 

 

陰陽調和料理を食べると治るだってさww(陰陽師を連想)

 

陰陽調和料理とは

 

陰性(なす・トマト)が体を冷やし、陽性(にんじん、リンゴ)が体を温めるだってさ。

 

どうせ海老食ったら長寿とか、数の子で子宝とかそういう迷信やろwなんか中華料理食べたくなってきたw

舌引っ込めなくても口の中に納まるようになった!

陰陽調和料理すげー!(食べたのはチンジャオロースー、ピーマンとタケノコは陰性)

 

ようわからんw陽性を食べて血行よくなって治る手筈が、間違えて陰性を食べて水毒が治るなんて。

 

しかし、チンジャオロースーに使った肉は豚肉で、これは陽性。

 

要するに、水毒だから陽性を食べたらいいとか、暑いから陰性食べるとかそういうのじゃなくて、

陰と陽、二つをバランスよく調和させたもの、陰陽調和料理を食べることで、初めて意味を成すのか!

 

そりゃそうかw寒いからって急に熱い風呂に入れられても体が追い付かない。

寒くても暑くても常温にするべきだね。

 

 

陰陽調和料理と中華料理

 

中華料理は基本的に陰陽調和を意識して料理レシピを設計している!

 

だから中国人は肥満、虚弱が少なく、いい感じの体付きしてるのか!

 

食物の陰陽表を見てみたんだけど、サイトによって情報が異なる部分が多く、旬のものか、温室で育てられたかによって変わったりするらしい。

 

なので、ごちゃごちゃ考えずに、中華料理食べた方がおいしくて、てっとり早い。

体調悪くなったら、中華料理を食べるのおすすめ!

 

マクロビオテックと同義

 

陰陽調和料理って本当に効果ある?

厳密にいえば、昔の人が寒い時に育つものを食べると寒さに強く、暑いときに育つものは暑さに強い的な発想からできたんじゃないかなぁ

そこから現代人が砂糖は健康に悪いから陰性とか、天然塩は陽性だけど、塩は精製されると体に悪いからあんまり取るべきでないカテゴリにしよとか勝手にいじくりまわしてわけわからんくなってる。暑さに強いとか、中国の気候での話だし、日本に当てはまるかわからん。

そもそも、スーパーで手に入る素材じゃ陰陽調和できるか怪しい。

じゃあどうしたら陰陽調和料理を食べることができるんやって思ったんだけど、本場の中華料理店に行って食べるしかないんじゃないかなぁ!

レシピ通り作ってもお店の味にならないのは、熟練の料理人が素材を見極め、陰性か陽性かを判断し、どの割合どの調合法で調理すればバランスよくなるかを判断してるからだと思う。

おいしいだけじゃなく、全身でおいしく感じれたら、効果あったってことじゃない?

こんな難しいことできる料理人の重要性が分かった気がする。

 

水の飲みすぎで水毒になるから気を付けて、眩暈の原因は暑さではなく、ナトリウム不足かも。

 

陰陽調和法を科学的に論証し、実施できれば、コンビニの弁当も料理人が作ったレベルにまでのし上がれるだろう。

セブンに勝つにはそれしかない!

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。